廃業・再チャレンジ事業の流れ

事業承継・引継ぎ補助金(廃業・再チャレンジ)の交付までの流れ

廃業・再チャレンジに係る区分整理

以下の表は、再チャレンジ申請を検討する場合の区分整理となります。併用申請する場合は、経営革新業/専門家活用事業それぞれの事業ページの区分整理表から、該当する交付申請類型を確認してください。

補助対象者によって、交付申請類型番号やjGrants上の交付申請フォームが異なりますので、下表からご確認ください。
jGrants上の交付申請フォーム番号はお間違えのないようご注意ください。

共同申請について

「再チャレンジ申請」の場合は、廃業する予定である中小企業(以下、「対象会社」という)と、対象会社の議決権の過半数を有する株主(支配株主※1)または対象会社の議決権の過半数を有する株主の代表者(株主代表※2)のいずれかによって共同申請することが必要です※3

※1 支配株主は、1者で対象会社の議決権の過半数を有する者とします。

※2 株主代表は、対象会社の議決権の過半超を有する株主の代表者(1者)とします。

※3 廃業する予定の中小企業者等が個人事業主である場合は、当該個人事業主での申請とします。

廃業・再チャレンジに係る区分整理

経営革新

050 - 3310 - 6142

専門家活用/廃業・再チャレンジ

050 - 3310 - 6143

お問い合わせフォームはこちら